読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも情報をネットで仕入れてると感性の枯渇が早そう

f:id:goodday_departure:20161209233718j:image

 

最近はネットで何でも調べることができ、モノの使用感から、病院の良し悪し、予備校や就職先の評判、世界の名所まで多くのデータが存在します。

 

そんなアクセスしたら何でも見つかる状態って良いこともあれば悪いことも。

 

TwitterInstagramをやっていて1番嫌だったのが、情報量が多すぎること、かつ人の情報が簡単に手に入り過ぎてしまうことが原因でした。それを周りの友人に伝えると「他の人の投稿は気にならないけど…」との返答が。うーん何故だろう。でも僕はめちゃくちゃ気になりました。

 

特に、Instagramの検索欄に出てくる自分に全く関係ない人の写真の羅列が1番しんどかったです。見たくもないものが目に入るというのは相当なストレスなんだなと勉強になりました。

 

最近、SNSとの向き合い方を常に考えています。特に、ネットで情報を得れば得るほど感動が薄れる点には早急に手を打たないといけないというか、自分の感性の枯渇が早くなりそうで怖いです。

 

もちろん、ネットで見るのと、本物や現地で見るソレは違って当然なのですが、ネットが先だと「あ、これ見たことあるわ」になってしまうのが残念極まりない。

 

また、最近会話の中で耳にするのが「あ、それTwitterで言ってたね」とか「Instagramでアップしてたやつでしょ?見た見た」という言葉。話も盛り上がらないし、驚きもない。直接会う楽しみって何なの?と思う時があります。

 

SNSで色んなムダは省けるとは思います。距離的な問題で会えない人とは、移動するお金が必要なしに繋がっていられるし、他の人のレビューを見れば、買い物で失敗することも減る。ただ、そのムダが血となり肉となっていく中で本物が分かっていくのではないでしょうか?

 

あと、ムダと思ったものがムダではないかもしれない。突然の化学変化が起こる可能性や楽しみがなくなる。便利すぎる世の中の不便さを感じる今日この頃です。

 

情報を仕入れることで、それが擬似体験となり、分かったようなつもりになる。

 

それだけは、気をつけたいですし、まずは自分で見て、確かめてから情報量を増やしていきたいと思います。

 

じゃないと、何が嘘で何が本当か分かりませんから。SNSが発展してきた今の時代、何が大切なのかは、その情報を自分で判断する力と同時に自分の意見を持つことであると思います。

 

情報に踊らされるのは、実に滑稽ですから。

 

停滞感が続くこの頃、不足しているのは社会的欲求【マズローの5段階欲求説より】

f:id:goodday_departure:20161205000723p:plain

 

停滞感が続く日々を過ごしています。

 

マズローの承認欲求

f:id:goodday_departure:20161205002623p:plain

photo by:マズローの欲求5段階説 |モチベーション向上の法則

 

有名なマズローの欲求5段階説です。

停滞感が続く原因は、社会的欲求の不足と分析しています。

 

社会的欲求とは

社会欲求と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

生理的欲求と安全欲求が十分に満たされると、この欲求が現れる。自分社会に必要とされている、果たせる社会的役割があるという感覚情緒的な人間関係他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚かつて飢餓状態に置かれていた時には欲することのなかったを求め、今や孤独・追放・拒否・無縁状態であることの痛恨をひどく感じるようになる。不適応や重度の病理、孤独感や社会的不安、状態になる原因の最たるものである。

欲求段階説 (マズロー) - Wikipedia

 

上記にあるとおりなのですが、日々生活しているなかで感じる、無所属の感覚であったり(自分の居場所はここではないという感覚)や、愛情に対する飢えのようなものを感じています。個人的に、そこに家族愛が含まれるとは思っていません。

 

加えて、自分が抱えている孤独感もこの欲求の不足からだと思います。

別に友達がいないわけでもないし、SNSにアクセスすれば繋がっている感覚を多少なりとも感じますが。そういった繋がりではなく、3次元(リアル)で、かつ自分と同じ志を持っていたり、好きなことやものを共有する仲間が必要なんだろうし、そういった仲間の存在を欲している自分がいます。

 

進むためには新たな場へ

その存在を欲しているものの、繋がりができないので、停滞感を感じているように思います。どこかへ赴き、何か新しく物事を始める時には、必然的に出会いがあります。なので、そうするべきだと思うのですが、まず始めにどこに向かって行けばいいか分からないということがあります。言い換えれば、何を始めるべきか。例えば、アナウンサースクールなのか、就活セミナーなのか。

 

加えて、そこで出会った人々と本当の意味で繋がるためには

  1. 定期的に会う場合(1日だけは個人的に厳しさを感じる)
  2. 目標が一緒(そこに向かって共に尽力する)場合
  3. 人間的な波長が合う場合(当然といえば当然ですが)

がポイントになるのではないでしょうか。

 

今の状態は、欲求が満たされないが故の停滞。ここから更に自分が、進めるためにはその欲求が満たされる必要があります。

 

自分の居場所を見つけて、孤独感とは無縁の、健全な生活を送りたいというのが今の一番の望みです。

 

特に目標もなく、今後何をして働くのか、などは全く分からないし、好きなものがなかなか見つからないしんどさの中で日々を過ごしていますが、人としてのモチベーションというか、生きる上でのモチベーションや原動力は健全に保ちたいです。

 

皆さんが求めている欲求は何に対する欲求でしょうか?

何事も整理整頓

f:id:goodday_departure:20161128122518j:image

 

何事も整理整頓が重要。最近本当に思い知らされます。

 

今の家の状態は、抜いだ服を畳んだ状態で床に置きっ放し(多数)、本棚はぐちゃぐちゃ、机の上に不必要な書類ばかり…。

 例えば家で勉強をやる時に、机の前に座り教材を開いてすぐに行動に移せる状態ではなく、ワンテンポ置いてから行動に移す必要があり、それが非常にストレスになっています。

 

 ワンテンポ置いた(ex.机の上を片付けた)ところで、妥協点が見つからないため延々と整理整頓をして、結局やりたいことが全くできなかった、ということがよくあるんです。

 

そうすることで、「あれもこれも(できてないから)やらなきゃ」と脳内がマルチタスク化していき、負のループに陥ります。

 

その結果今やるべきことが

・来月のスケジュールの確認

・医療費申請の用紙を書く(10枚以上)

・明日までが締め切りの課題4つ!(未着手)

 

などと非常に苦しい展開となって参りました(笑)(笑)

 

こういう様にやらなきゃ、やらなきゃ、が続くと生活のリズムにも影響をきたし睡眠時間が短かったりズレ込んだりと負のループの誕生です。

 

自分のマイペースさというか、先延ばしの癖が原因。これを解決するには、もらった瞬間にやるレベルの「着手の早さ」「その場でやってしまうスピード感」を意識する必要があると感じました。

 

デカルトが「困難は分割せよ」と言ったように、うまく分割して何事も取り組みながら、クリーンな状態で日々を過ごすことが解決策になりそうです。

 

部屋の乱れは、心の乱れ。肝に銘じて、今年も有意義に過ごしたいものですね。