読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めるときの恐怖感を克服する方法

f:id:goodday_departure:20160528020327p:plain

 

前回の記事では、新しいことを始めるときは不安を感じてしまうというお話をさせていただきました。

 

omotenashi-the-world.hateblo.jp

 

今回は、その不安心を少しでも和らげるにはどうすればいいのか、を自分の体験に沿ってご紹介します。

 

不安心を抱えてきた経緯

前回は自動車学校の話を例にあげましたが、もう少し掘り下げてみます(笑)

浪人生活を終え、親元を離れ、1人。しかも体調はそんなに良くなく、コミュニケーション能力が今ほどない(半分どもってました)まま、上京した僕は新しいことに対する恐怖感がハンパじゃなかったです。

だから、本格的に定期的なバイトを始めたのは1年生の12月でした。個人的にめちゃめちゃ遅いなと思っていました。けど、新しいことが怖くて前に進めませんでした。

 

それでも少しほんの少し

怖かったのですが、さすがに自分の使える金がないのはまずいなと思っていましたし、そこでコンサートスタッフのバイトを始めました。これは1年生の5月。何故なら友達がやっていたし、登録制だから自分のある程度好きなタイミングで入れるとのことだったからです。

確かその時は、月1万くらいしか稼いでなかった気がする(笑) 月に1度現場入って終り、みたいなことがしょっちゅうでした。案件によるですけど、スーツ+革靴で、8時入り21時退勤休みほぼなしとかザラだったし、待遇も良くなかったので。

その後また新たなコンサートスタッフの会社に応募しました。これが2年の5月くらいだったかな。その後一時的にコンサートスタッフをメインに活動します。

 

ベイビーステップ

最初の案件は、某アイドルの握手会でした。最初の時はマジで勇気が必要だった…。

新しいことを始める怖さに加え、新しい場所に行くことも怖かったんですよ。ホントに行けんのか?みたいな(笑)だから、当初は乗り換え案内のアプリにも半信半疑でした。もはや末期ですね。

ただ、バイト代なしで過ごすしんどさはもう嫌でその嫌さの方が勝ち、しぶしぶ行くみたいな感じでした。で、何故か毎回行くと

「あ、こんなもんか」「ふつーに楽しいじゃん」

と思ったのを覚えています。

 

how to 克服

結論から言ってしまうと、不安を感じながらも現場に行ってやってみるということを何回も何回も繰り返して「あ、こんなものか」という感覚を身体に叩き込むことです(笑)

いや、それができねーから悩んでるんだよという声も聞こえてきそうですが、不安に思っていることって大抵起こらないし、そういう思考状態をネガティブ→ポジティブに持っていくのも力と時間の無駄ですよねぇ。そのエネルギーを行動に直結していく方が絶対にいいはず(^^)

 

解決方法としては

  • 登録制のバイトでリハビリしてみる(単発だから行きやすく辞めやすい)
  • 行ったことのない街やイベントに行ってみる(時間に余裕をもって)
  • 入りにくい店にあえて一人で入る

例を挙げればまだまだ沢山ありますがポイントは

「不安に感じること(新しい人に会う・場所に行く)を強制的に行ってポジティブな感覚を叩き込む」という

荒療治をおススメします!

 

これが思春期とかならまだマイペースに進んでいってもらって構わないと思うけど、自分の思考や傾向が固まり始めるとマイペースな改善が難しくなるので、荒療治がポイントです!笑

 

意外と、行動しといて良かった~って思う経験はみなさんお持ちのはずなので、恐れずに参りましょう。

GOOD LUCK☆