読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青山のBar Radioに行ったときのお話

今月頭から励んでいた免許取得ですが、ようやく免許を取得することができました。これで、運転する資格を手にしました!友達にも言われましたが、少し「大人」になったような気がします(笑)

 

ここ最近は、期末テストの準備や試験やらで冒険(探検)や挑戦する機会が少なく、刺激の少ない日々の繰り返しでした。次はどこへ足を運ぼうかなぁと思っていたところ、このブログを始める前、今年の2月に青山にあるバー、ラジオに行きました。

 

きっかけは先生のひと言

コンサルをお願いしている先生に「バーラジオ、行ってみると良いよ。」とおススメしていただいたのが、きっかけ。月末にバイト先から支払われるのありったけの交通費を握りしめて、Radioに行ってみました。

 

Bar Radio

表参道神宮前界隈で1970年代から愛され続ける、オーセンティックなバー。青山通りを一本入った静かな路地に佇む一軒家で、日本のバーのなかでも突出した存在である、尾崎浩司による珠玉のカクテルを楽しめる。ゆっくりとグラスと向き合って、真っ当なカクテルを飲むならばここ。4人がけのテーブル席もあるが、やはりこの店ではカウンターで一切の無駄のないバーテンダーの所作を楽しみながら飲むのがいいかもしれない。内装の隅々まで洗練された同店だけに、失礼のない服装で訪れたい。店内禁煙、チャージ1,000円。カクテルは1,500円から。

(バー ラジオ タイムアウトレビュー より抜粋)

f:id:goodday_departure:20160828184927p:plain

photo by:バー ラジオ

 

外苑通りを少しはずれたところにひっそりと佇んでいて、周囲にある家々とバッチリどうかしていた店舗。「Radio」の看板を何度も何度も確認し、恐る恐る入っていきました。

 

f:id:goodday_departure:20160828185848p:plain

photo by:表参道に進出した創作中華は、古民家で口説ける雰囲気![東京カレンダー]

 

2階へ上がる階段が、『青山はしづめ』の入口で、右奥の扉がラジオ。

 

入った瞬間に間接照明と店内の絶妙な暗さ、そして微かに聞こえてくるジャズの音色がこの店の素晴らしさを物語っていました。「おやおや?ここは想像以上にガチじゃないか…」と、食べログなどの下調べ一切なしで行ったことに少し後悔しながらカウンター席へ。ちなみにお客さんは外国人のカップルのみでした。

 

f:id:goodday_departure:20160828190448p:plain

photo by:バー ラジオ

 

この写真ほど店内は明るくなく、必要最低限の場所に間接照明が照らされていました。どこか幻想的で、違う文化に身を置いているような、それでいて凄く心地いい店。

 

カウンターに座り、気づいたのは、長テーブルの質感と気配り。この長テーブルの艶と質感がたまらないので、ずっと座っていたくなります。また、このテーブル手前の丸みを帯びたところ。これは、座ったときにお腹にフィットするんです。少し前かがみになって座るととても気持ちがいい。こういう何気ない配慮が一流の所以なのかも…なんて思いながらメニューに目を通しました。

 

やらかしてしまう

厚めのメニューに一通り目を通したあと、せっかく有名なバーに来たのだから、という気持ちもあり、コミュニケーション取ることも兼ねて店員さんに聞いてみよう。そう思った僕は

「何かおススメありますか?」と聞きました。すると

「全部です。」と言われ、

「このメニューにあるもの全てがおススメです。そうでないとメニューには載せません。」

 

…失礼しました!!(泣)

 

さすが有名店

開始早々やらかしてしまいました。「うわ~やらかしたなぁ…。そりゃそうだ、昔からの有名店なのにこんな質問は不毛だった。」と半泣きで(笑)思っていたのですが、すかさず

「分からないことがあれば、是非聞いてください。分からないからと言って、恥ずかしいことはありません。私たちは喜んでお教え致します。」

 

「メニューに書かれているお酒がよく分からない場合、ご自身が今一番飲みたいと思うイメージをお伝えください。例えば、炭酸ですっきりと甘めでごくごく飲めるようなもの、のようにです。そうすればこちらからいくつかご提案させていただきます。」

 

と仰いました。めちゃくちゃ親切…。というか、これぞ有名店が有名である所以。バーの楽しみ方なんぞ知らない若造に対しても、ハッキリとそしてしっかり教えて下さるBar Radio。そこからは本当に盛り上がりました。

 

店員さん「最近バーに来る若い世代の方は減りました。昔は、上司の方に連れて来られ、その方が出世して自分の部下を連れてくる…というサイクルができていたのですが、ここ最近はそういう付き合いも全体的に減り、なんというか元気がなくなった印象を持ちます。若い世代の子達も自分たちのプライベートを大切にするあまり、上司との社外でのコミュニケーションが減っていると聞きます。」

 

僕「僕、目上の人にガンガン連れてきてもらいたいなと思っているのですが、どうすればいいですかね?」

 

店員さん「やはりそこはあなたの成長を見せるべきです。成長したいという思いと、その結果です。あいつを連れてきて良かったなと思ってもらうんです。お返しはしなくていいんです。それが年上の方々へのお礼になります。」

 

僕の質問(というか愚問)にも、誠実に答えて下さって、ちょっとした教訓まで教えて下さいました。これ、今の自分が考えている「先輩方に尽くす」とか「価値の提供」「貢献」と通ずるところがあります。お酒も人生も教えてくれるバー・ラジオ。

 

最初は尻込みしていたけれど、良いお話をたくさん聞けて、一人で来てよかったなぁと思いました。

 

2時間ほど談笑したところで、海外組のお客さんが来たタイミングでお会計。どうやらこのバーは海外の方が多くいらっしゃるそうです。チャージ料込みで2杯4400円くらいだったかな。ここの空間、人、お酒にはそれだけの価値があります。

 

このバーの有名オーナー、尾崎さんはいらっしゃらなかったですが、「是非次回は電話で尾崎さんがいるか確認していらしてください」とのこと。

f:id:goodday_departure:20160828203259p:plain

photo by:バー ラジオ ↑尾崎浩司さん

 

次は是非お会いしたいものです。