読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instagramを辞めました-SNSからの離脱と情報取得の方法

f:id:goodday_departure:20161109233157p:plain

 

最近、Instagramを辞めました。アカウントはすべて消去し、もう跡形もありません(笑)

辞めた理由ですが、使っていて嫌な気分になることが多かったからです。

モヤっとした、"何となく嫌な気分"だったので、ネットで検索をかけてみました。

matome.naver.jp

 

www.lifehacker.jp

 

同じような内容なのでこれ以上の掲載は避けますが、まぁ出てくる出てくる。

しかもポイントなのが、「やめたい」というワードが多いこと。これは、見てて嫌になったり、辛くなるけど楽しい(依存している)から辞められないんだろうなぁと推測。

その気持ちは少し分かる気がする。

 

辞めた理由は色々

①いいねの数が気になった

基本的に自分の投稿はフォロワー数に対していいねが少ない方だったと思っています。もちろん、そこの「フォローしてくれてるのにいいねをしてもらえないのかぁ」という思いや「あの人はいいねを付けてくれなかったのはこの写真のセンスが悪かったからかな?」とか「単純に自分のコンテンツ力(撮影力や諸々のセンス)が乏しいからかな?」とか考えればキリがありませんでした。

 

②時間の無駄遣い

時間の無駄遣い。まぁそのままの意味ですが、やはり大なり小なり面白さを感じていたのでどうしても長い時間見てしまっていました。検索すれば、世界中の人の生活を垣間見ることができるし自分の欲しかった物や行ってみたい国や場所の写真はそこら中に転がっています。ですが、終わった後に、何も残らないことに気づきます。

③やってて辛さや疲れを感じた

自分を含め、人と比べる癖がある人は絶対にやらないほうが良いんじゃない?と思います。比べる癖が全くない人はそうそういないと思いますが。特に、人の良いところ(SNS上の煌びやかな写真)と自分の悪いところを比べてしまう人は即刻アカウントを削除しましょう!そのままやっててもストレス溜まるだけですよ~。

④無意味だと思った

僕は、人に「ねぇねぇ、こんなこと(もの)があったよ!!」と知らせてあげるのが大好きです(笑) それが楽しくてやっていたところがあります。もう一つは、自分の自己承認欲求を満たすためでしょうか。自己満足のためというのも勿論ありました。でも、一時的な自己承認欲求が満たされても、また満たされたくなるだけです。

 

主な理由はこれくらいでしょうか。

 

 

無意味と思った瞬間

Instagram上のソレが無意味と思った瞬間、それは情報ではなく、ノイズと化しました。自分が好きな情報だけという使い方もあまり好きではありませんが、ノイズの割合が多いと話は別です。

 

2週間が経ち…

2週間が経ちましたが、Instagramが気になる…という副作用は全く起こらず。

少しは起こるかとと思ったのですが笑 それだけストレスフルだったのかなぁ…。

先輩が元気かな?とか遠くに住んでる人はどんなことをしているのかな?と思ったりもしますが、それは直接会った時に話し合えばいいと思っています。

あと、Instagramを辞める前に、「ここで辞めたらInstaで繋がってる人と切れちゃうしなぁ…」と思ったのですが、そもそもInstagramでしか繋がってない人って今後関係ありますか?思いました。

ネットだけで繋がってて直接会うこともない、連絡のやり取りもない人は所詮その程度の関係だし、この機会にすっきりしようと決めました。

まぁ、ご縁があればまたいつか会えるだろうし…。

 

繋がっておけば、何かあったときに…と考える方の気持ちも分かるので尊重しますが、たいてい何もないので消しちゃって大丈夫かと思います。僕は、その分、また新しい関係を探しに出ています。

 

気づき

他人と比べてしまう人はやめたほうが絶対に楽になるだろうなと思いました(笑)

あと、自己顕示欲は 一瞬しか満たされません。自己顕示欲を満たすためにInstagramという海の中に、自分の投稿、それも石のようなちっぽけな投稿をしたところで何も変わらないんだなぁと思いました。

これがカニエ・ウエストやベッカムなど、ファンからたくさんいいねが貰えるセレブなら違う感情を持つのでしょう…(彼らは、インスタをプロモーションの一部ととらえているはずなので、そもそも使用の用途が違うというのはあるけれど)

 

最終的にはInstagram上で評価されるよりも、現実で一つでも多くのいいねを貰えるよう頑張ろう!と思えるようになったので、終わりよければすべて良しということで。

 

終わりに

Instagramを辞めたことで、他のSNSともいい距離感を保てるようになりました。(といってもブログは別として考えていますが)

 

急には辞められないよ!という人も、多くのアカウントを持って、情報を消費するよりも使用するSNSを一つに絞ったほうが意外といいかもしれません。

 

例えば、CHANELの情報を手に入れたいと思ったら、Instagramだけではなく、Twitterやメルマガ、公式ホームページなど多くの「場所」で配信していますよね。

たぶん知らず知らずのうちに、違う「場所」で同じものを何度も目にしているはず。

 

同じ情報を何度も消費するのは時間の無駄ですし、うまいこと付き合えるといいですよね。結果的に辞めて正解でしたので、お悩みの皆さまはぜひ。

 

追記(2017年1月17日)

Instagramを辞めて、2か月が経ちますが、またやりたいという気持ちは一切起こっておりません。そしてInstagramをやっていた時に劣らず、情報も手に入れられています。

そして自由な時間が増えました。

歩きスマホをしながらでも、他人のポストに執着していたこともありましたが、今は反省しています。友人の東京タワーの写真よりも自分で見る東京タワーが何よりも綺麗でそれがすべてだ。と辞めた今では考えます。

#ファインダー越しのわたしの世界よりも水晶体越しの自分の世界を生きていきたいものですね!(笑)